lv

股関節の痛みを加圧トレーニングでアプローチ!

加圧トレーニングブログ

2017/09/20 股関節の痛みを加圧トレーニングでアプローチ!

今週もAさんには加圧トレーニングを

 

頑張ってもらいました。

 

 

最近、以前痛めていた股関節が再発してきました。

 

6809131

 

状態としてはAさんは、右荷重で左があまり機能していなく

 

ももの前の腸腰筋、大腿四頭筋が張っていて骨頭が

 

前方移動して股関節が詰まる状態です。

 

 

そして左右の重心の差があるので骨盤の歪み

 

つながります。

 

 

骨盤が歪むと姿勢が悪くなり肩こり・腰痛になるという

 

悪循環になります。

 

 

fc00123ab235ba310bc5a00c5702af00-640x280

 

 

今回は股関節中心に骨盤まわり、体幹に向けて

 

アプローチしました。

 

 

まずは骨盤を立たせてすることで大腿骨頭の

 

動きを出していくのを目的として

 

進めていきます。

 

img_1322

 

座った状態で、痛みのない範囲から膝を上げる簡単な運動。

 

徐々に可動域を広げていって、痛みがでる手前まで上げていきます。

 

少しずつ痛みが出るポイントが変わってきました。

 

img_1325

 

今度はゴムチューブを使ったももの前のトレーニング。

 

筋肉も少し張っているので強くするというよりも

 

軽めで繰り返して乳酸を

 

溜めていくことを重視しました。

 

セットが終わった後はとても良い表情をしています(^-^)

 

 

次はももの裏へのアプローチ。

 

img_1326

 

うつ伏せでかかとをお尻に向かって曲げてもらいます。

 

ももの裏はももの前に比べて弱いのでしっかり刺激を与えて

 

前後のバランスを整えます。

 

前後の筋力バランスが整うと腰の負担が減り

 

土台となる骨盤も安定に向かいます。

 

そして土台が安定すると背骨も安定してきますので

 

肩や首の負担も減るわけです。

 

 

手で抵抗をかけているのできついですが

 

力が入っているのが伝わってきます。

 

img_1327

 

体幹にも刺激を入れていきました。

 

少し角度をつけた状態で小さく動かして乳酸を溜めます。

 

セット間休憩も短くしてすぐ2セット目へ!

 

以前に比べたらだいぶん強くなってきた印象です(^-^)

 

img_1330

 

内転筋も弱いのでボールを全力で挟んでもらってます。

 

内転筋を鍛えることで骨盤の歪みが整います。

 

O脚の改善や下腹のポッコリお腹の方にも効果的です。

 

終盤なのでかなりの疲労感でしたが

 

最後までやり切ってくれました!!

 

img_1332

 

股関節をグルグル回して可動域を大きく動かして終了!

 

まだ痛みはありましたが、来た時より1歩前に進んだ状態。

 

 

加圧トレーニングの後は整体でケアしました。

 

整体、運動をすることでいろいろな症状のリスクを

 

抑えることが出来ます。

 

 

今回もおつかれさまでした!!

 

フォームConditioning整骨院

電話番号 082-224-4547
住所 広島県広島市中区八丁堀6-7 チュリス八丁堀205
営業時間 9:00〜20:00
定休日 日祝日

TOP