lv

広島市でマラソンの怪我予防を知りたい方におすすめ

股関節・膝・足首《症状ブログ》お知らせ

2017/11/04 広島市でマラソンの怪我予防を知りたい方におすすめ

マラソンの怪我予防・寒くなるのでストレッチや準備体操、筋トレ大切です。

 

フォームconditioning整骨院では多くのマラソンランナーの方が来院してこられました。膝の痛み(腸脛靭帯炎)、股関節痛、足首捻挫、足底筋膜炎、肉離れなどなどです。

 

人によって原因は違いますが、ケガをしないために予防していくことが大切ですし怪我をした理由を考えていくことも重要ですし、体の姿勢が崩れているとまずは正しい軸と姿勢を作ることが最初に行うことです。正しい姿勢をまず作り、次に予防対策を考えていきましょう。

予防対策

1・正しいランニングフォームを身につけているか?

2・準備体操・ストレッチを考えてやっているか?

3・練習をやり過ぎていないか?

4・クールダウンを丁寧に行えているか?

5・練習に筋トレを導入しているか?

1495

 

写真はフォームconditioning整骨院で行う、ケガからの復帰する為のトレーニングメニューの一つです。

ウォーキングとランニングの違いを理解していますか?

 

ウォーキングでは必ず右足又は左足が地面についている時間があるのに対して、ランニングでは必ず右足、左足が浮いている時間があるということです。両脚ジャンプし着地時には片足で身体を支えなくてはならいのです。これは何を意味するかというと、それだけ膝・足首・股関節に負荷が大きくなるということになります。

その繰り返し動作に耐えうる、自分の身体を繰り返し支える筋力・筋持久力が必要になるのです。

1476

img_0212

 

ランニングは下半身の動きだけではありません、全身連動性の動きになるので必ず全身の関節の動き、筋肉の動きを考えてトレーニングしていきましょう。ストレッチポールは肩甲骨の動きのセルフチェックにはとても優れていると思います。両手を頭の方に挙げていく時に地面を触れると肩甲骨の動きは柔らかいです。

1485

下半身と上半身動きの中でのトレーニング・下半身、骨盤、体幹、肩甲骨すべての安定性が必要です・そして姿勢が正しくなくては良い走りは出来ません。マラソンを走りたいけど怪我をよくしている方や、これから始めたいと考えている方がおられましたらお気軽にお問い合わせください。

165b982c-d59d-4298-9968-072dcadf9df4

明日11月5日は、可部連山トレイルランに救護スタッフとして参加して参ります。

 

姿勢にこだわる整骨院だからこそ出来る良い姿勢のためのパーソナルトレーニングはこちら

 

 

フォームConditioning整骨院

電話番号 082-224-4547
住所 広島県広島市中区八丁堀6-7 チュリス八丁堀205
営業時間 9:00〜20:00
定休日 日祝日

TOP