サッカー少年の怪我から復帰するためにパーソナルトレーニングを行います。

美容鍼も行う広島市中区のフォームConditioning整骨院

082-224-4547

〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀6-7
チュリス八丁堀205

営業時間:9:00〜20:00

lv

サッカー少年の怪我から復帰するためにパーソナルトレーニングを行います。

パーソナルトレーニングブログ股関節・膝・足首《症状ブログ》

2017/09/11 サッカー少年の怪我から復帰するためにパーソナルトレーニングを行います。

サッカー少年の怪我から復帰する

ためにパーソナルトレーニング

 

夏の空から少しずつ秋の空に変わり運動しやすい

季節に近づいているように感じます。

怪我からの復帰とは痛みが無くなった時では

ありません。怪我前よりパフォーマンスを

向上させて、身体が強くなって復帰する

必要があると当院では考えています。

最近では少年野球、少年サッカー、バレーボール選手

などスポーツをしている方が多く来院します

img_4312

膝の痛み、腰の痛み、肩の痛み、肘の痛みなど

など多数の症状が起こります。

当院では怪我の治療だけではなく怪我前より

身体を強くするために、パフォーマンス向上させる

ために必ず全身チェックを行います。そしてケガを

しない体作りをメインに、パフォーマンス向上をさせる

ために正しい体の使い方指導を行います。

痛みがとれたからと言ってたすぐプレーはさせません。

必ずリハビリプログラムの提案を行います。

成長してくことが大切です。リハビリトレーニングを

行わずにプレー復帰をするということは

怪我前よりも筋力低下、判断力低下により

思ったようにプレーができないことから

再発してしまったり、怪我の原因になります。

 

中学2年生 サッカー少年体幹部のトレーニングですが

大切なのは本人がどのような意味を理解してこの

トレーニングをしているかです。

img_4304img_4305

3つの病院を転々とし痛みの理由がわからない、

よくならないことからサッカートレーニングコーチに

相談したところ当院を紹介していただきました。

 

痛みの箇所、同じ動きでも痛みのある時ない時

とあり改めて精密検査MRIを病院に依頼を行い

今までの病院ではわからなかった病名がはっきりとしました。

 

当院では痛みの理由がわからない場合など痛みの期間が

長期にあるものは必精密検査MRIのお願いをします。

不安な心と正確な症状を知り、治療期間、リハビリ期間

今の身体の使い方確認などを行い今後の方針を決定します。

img_4299

体幹部の不安定性から、股関節インナーマッスルの拘縮により

可動域の低下などの問題点がみつかり痛めた理由を

改善していきます。1カ月後には軽いランニングと下半身強化

img_4301img_4302

股関節の柔軟性改善、骨盤の傾き、股関節のはまり込み

体幹の安定、復帰した時に自分自身で何か

変化を感じることが出来るかが大切です。いまから中学3年生、

高校生となっていくと思いますがこれからのサッカー人生が

ケガなくプレーできるようにサポートしていきます。

目標に向かって成長していく事が重要ですね!

img_4310

サッカー少年だけではなく、肘の痛み、肩の痛みなど様々な

スポーツ障害の方が来院します。

必ずスポーツ復帰はリハビリを正しく行いましょう。

お気軽にご相談ください。

 

マネージャー 千頭 真哉

 

フォームconditioningでの姿勢評価下をクリック

https://form-hiroshima.com/blog/717/

フォームConditioning整骨院

電話番号 082-224-4547
住所 広島県広島市中区八丁堀6-7 チュリス八丁堀205
営業時間 9:00〜20:00
定休日 日祝日

img_8888

TOP