lv

腰痛を予防するためにできること

広島市で腰痛にお悩みならフォームconditioning整骨院までお問い合わせください。国家資格を取得した専門家が予防の観点からもアドバイスを行っております。

こちらでは、腰痛を予防するポイントについてご紹介いたします。

老若男女を問わず腰痛で苦しんでいる人は非常に多く、一生のうちで腰痛を体験する日本人の割合は約8割とも言われています。とても身近なものであるため、予防法を知っておくと安心です。

ストレッチで柔軟性を高める

ストレッチで柔軟性を高める

腰痛の原因は人によって様々ですが、急な動作をした時に筋肉が傷ついたり、筋肉が疲労してコリが発生することで、痛みとなって現れます。筋肉疲労を起こさないようにするには、筋肉が凝り固まらないように定期的に和らげる必要があります。

その予防方法の一つとして、ストレッチをすることが挙げられます。ストレッチで凝り固まった腰周辺の筋肉をほぐし、心身をリラックスさせることができます。継続すると体の柔軟性も高まりますので、腰痛予防につながるというわけです。

ストレッチをする際は、鏡で自分の姿勢をチェックしながら、背筋を伸ばして行います。正しいフォームを意識して、ストレッチを行うのがポイントです。身体が硬い・柔らかいでできる範囲は異なりますので、無理のない範囲で行うことを心がけましょう。

座り方に気をつける

座り方に気をつける

座るときの姿勢によっても腰への負担は変わってきます。良い座り方であれば重力が分散されて腰に余分な負担はかかりませんが、猫背などの悪い座り方であれば腰だけに負担がかかり続けてしまいます。特に、前傾姿勢で長時間座り続けると、腰への負担は大きいです。

そのため、意識して座る姿勢を正すことが腰痛予防への近道になります。イスに座る際の基本姿勢は、両足の膝頭がももの付け根よりも少し高くなる高さにすることです。

そのままで基本姿勢が取りづらい場合は足元に台を置く、椅子の高さを調節するなどして正しい姿勢を意識しましょう。それから、腹筋をゆるませないようにすることも重要です。座っているときにも腹筋に力の入っている状態が、腰痛の予防につながります。

また、床や畳など椅子を使わないで座る場合は、正座がもっともおすすめです。楽な姿勢に感じるためあぐらをかく人も多いと思いますが、あぐらは逆に腰に負担をかけてしまうためあまり良くありません。正座で座る場合も腰が丸まっているのはNGですので、きちんと背筋を伸ばして座ることを意識しましょう。

いかがでしたか?腰痛は、一生のうちに多くの方が悩む体調不良の一つです。腰痛予防のポイントを押さえて、普段の生活を今一度見直してみましょう。また、整骨院を利用するのもおすすめです。

広島市内にお住まいの方、広島市中区にお住まいの方は、ぜひフォームConditioning整骨院へお越しください。腰痛や膝通の予防、軽減させるトレーニングを、国家資格を持つ専門家がご提案いたします。

八丁堀の交差点から徒歩5分以内、広島市内の中心部にある通いやすい整骨院です。広島市のフォームConditioning整骨院はご予約優先でお受けいたしますので、まずはご連絡ください。

腰痛にお悩みの方は広島市のフォームConditioning整骨院へ

店舗名 フォームConditioning整骨院
住所 〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀6−7 チュリス八丁堀205
営業時間 9:00〜20:00
定休日 日祝日
電話番号 082-224-4547
URL https://form-hiroshima.com/

お問い合わせはコチラ

〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀6-7チュリス八丁堀205
営業時間 9:00~20:00 日祝定休

082-224-4547

9ee5d59c-37b3-4a95-9cb8-fd1229386541
mv01

TOP